TOP > 施設紹介

救護施設の役割

救護施設は、身体や精神に障がいがあり、経済的な問題も含めて日常生活をおくるのが困難な人たちが、健康に安心して生活するための保護施設です。

救護施設を利用する人

救護施設は、身体や精神に障がいがあり、経済的な問題も含めて日常生活をおくるのが困難な人たちが、 健康に安心して生活するための施設です。他の障がい者福祉施設と異なり、身体障がい・知的障がい・精神障がいと いった障がいの種類によって対象が規定されておりません。 実際に、救護施設には、身体障がいのある人(視覚障がい、聴覚障がい、肢体不自由などさまざま)、 知的障がいのある人、精神障がいのある人、それらの障がいを重複して持つ人、アルコール依存症の人、 ホームレスの人など、多様な人が生活しています。

救護施設に求められている役割

  • 1、自立に対する積極的な支援、個別支援計画に基づく地域生活移行支援、施設内自立の支援。
  • 2、セーフティネット機能の強化、ホームレス、精神科病院の社会的入院者、触法・刑余者、DV被害者等の受け入れ
  • 3、居宅生活を送る被保護者に対する訓練の場の提供、保護施設通所事業、救護施設居宅生活訓練事業(独自事業)

施設概要

設置主体
社会福祉法人 みなと寮
経営主体
社会福祉法人 みなと寮
種  別
生活保護法による救護施設
建物構造
鉄筋コンクリート5階・地下1階建 (うち1階部分)
敷地面積
1,954㎡
延床面積
2,384㎡
定  員 68名(男性のみ)

施設設備

風呂 風呂 食堂 食堂 ホール ホール
喫茶コーナー 居室 居室 スロープ スロープ

沿革

平成 8年4月1日 大阪市が設置し、社会福祉法人みなと寮に経営を委託。生活保護法による救護施設と認可され、入所定員68名にて事業を開始する。
平成18年4月1日 大阪市より指定管理者の指定を受ける。
平成25年4月1日 救護施設 通所・訪問事業、居宅生活訓練事業を開始する。
平成30年4月1日 大阪市の指定管理者が終了し、民間移管施設となる。 名称を「大阪市立第2港晴寮」から「救護施設こうせいみなと」へ変更する。